読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教員という職業を考え、自由な人生を考える。

パニック障害を患って休職した教員が、今までの人生を振り返り、そしてこれからの人生を考えるブログ。自由な人生とは何か。幸せとは何か。

仕事を休んだときの過ごし方

2014年11月末。

号泣事件(笑)の次の日、学校に行きたくなくて、

病気じゃないのに初めて休んだ。

 

この初めて休んだ日は木曜日、

学校へ自分で連絡しました。

 

たまたま電話を取った先生が

学年の先生で号泣事件のこともわかっていたから

何も言わなくてもわかってくれました。

 

そのあとはとりあえず、お昼まで寝ました。

「時間を気にせず寝たの、いつぶりだろー・・・」 と気持ちよさ半分、

 

「休んじゃったなー」

と罪悪感半分のような気分。

 

この時はまだ実家だったので、

居間に行き、テレビを見る。

 

そしてまた寝る笑。

 

次の日の金曜日も学校へ連絡してお昼まで寝る。

そして居間でも寝る。

 

自営業の父が見かねて、

「散歩行かないか?」と

連れ出されました。

 

市内に自然豊かなウォーキングコースがあるので

父10m前後の間隔を保ち、

ウォーキングを1時間ほどしました。

 

ランニングやウォーキングは正直言うと嫌いで

「何のために走ってるんだろー?」って

思っちゃう性格で(体育教員なのに笑)

 

「歩くのめんどくさいなー」

と思う中にも、少し

 

「なんか気持ちいいなぁ」

 

と、思えた。

 

そして、土日は

今の旦那と会って、

紅葉を見に行きました。

 

私は結局この時、

木、金、土、日と4日間休んで

 

月曜にも行きたくないなーと思ったけど、父に

「とりあえず行け!行ってしまえば何とかなるワイ!」

と言われ、渋々行ったら何とか大丈夫だったという。

 

その後何ともなく仕事ができちゃった。

 

この4日間の何にもない休みはでかかった。

普段は部活があって、こんなに休めるなんて、

お盆、正月しかないからね。

 

心が少し病んだ時は

家でぼーっとするんじゃなくて

散歩とかがいいって言いますよね。

 

私が思うに

 

「まずは休むだけ休むこと」

 

が大事だと思った。

思う存分寝ることって大事。

 

人間、何もしなかったら

自然と「何かしたいな」と活力が湧いてくる生き物らしい。

 

そのあと、なんかしたいなーと思ったら

散歩とか行けばいいのかなーって思います。

私は連れ出されましたが、笑

 

この時は4日間で回復できる程度でした。

 

今はそうもいかなくて

休んで3ヶ月経ちました。

 

まだまだ授業する気になれません。

 

続く。

 

号泣事件など今までの記事も読めます(^^)♪ 

www.miho1ara.com

 

みほの無料メールマガジン 

www.miho1ara.com