読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教員という職業を考え、自由な人生を考える。

パニック障害を患って休職した教員が、今までの人生を振り返り、そしてこれからの人生を考えるブログ。自由な人生とは何か。幸せとは何か。

休職の強みを生かす仕事

こんにちは、みほです^ - ^

 

今日は完全なる備忘録。

昨日、お風呂で思いついたことを書きとめます。

あ、でも皆さんの意見も少し聞きたいです。

 

 

何かと言うと、

「自分がこれからやりたいこと」

 

 

今、過労でパニック障害になり、

教師を2016年11月から休職しています。

 

今まで8年間、自分なりに一生懸命やってきたし

それなりに、自分にあった仕事だと思ってやれていたと思う。

 

けど、年々プレッシャーも大きくなっていって、

じわじわと苦痛になっていって、

眠れなくなって、

ちょっと鬱っぽい症状も出て休職することになった。

 

こうなってしまったことも

自分の中では少しショックで

 

他にも同じような人いるのかなーと思って

ツイッターとかブログとかネットで色々調べてた。

 

そんな中で教員だけでも、

多くの人が心の病にかかって

休職したり、退職したりしていることがわかった。

 

「自分だけじゃないんだー」

って安心するとともに

 

「こんな社会でいいのかなー」

って疑問に思った。

 

 

私は休職して、これで4ヶ月くらい経ったけど、

教師として復職する自信は今は全くない。

 

授業なんてできる気がしない。

むしろ学校に行ける気がしない。

 

転職?

でも教師の転職って何があるんだ?

教員の常識って社会の非常識って言われるし、

もう30だし・・・

 

でも、この8年間の教師の経験を活かせる仕事をしたいな・・・

 

 

 

 

 

 

きらんひらめいた!

 

 

 

 

 

 

 

先生のネットカウンセリング!

 

 

 

 

 

 

だいたい今5000人くらいの先生が

精神疾患で休職しているみたい。

 

休職していなくても、

病院に通いながら、ギリギリでやっている人なんて

もっといると思う。

 

私は未来の社会を担う子供達に教育をしていく

教師という仕事についている人が

やっぱり元気でいてほしいなって思うし、

 

まだ30の自分だけど、

それなりに教師経験をしてきて

休職してしまった経験も生かして

 

自分みたいにならないように

相談できる窓口を開設できないかなーって。

 

 

 

教員の電話相談とかあるけれど、

ネットの方が気楽なのかなって。

 

需要があるのかはわからないけど、

自分が思うに心療内科行くと

待合室にいる人本当多くて

 

こんな社会じゃダメだって思った。

 

 

自分は医者じゃないけど、

何とかならないかなーって思ったら

こんな方法もあるんじゃないかなって

ひらめいた笑

 

どう思います?

浅はかすぎますかね?

ご意見ください笑

 

 

 

私、こういうことはひらめいたら

即行動したいので

まずここに書いてみました(^ ^)

以上、勝手な備忘録でした。

 

 

 

それでは、また~♪

 

 

 

 

 

ブログの今までの記事  

www.miho1ara.com