読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教員という職業を考え、自由な人生を考える。

パニック障害を患って休職した教員が、今までの人生を振り返り、そしてこれからの人生を考えるブログ。自由な人生とは何か。幸せとは何か。

70歳、何する?人口推計を通して

こんにちは、みほです(^ ^)

 

今日は晴れ、昨日のうちに、自転車で走るコースも決めていて、

だいたいその通りに今日は走ってきました。

 

風が強かったけど、1時間15分、22kmほどこげましたよ~( ´∀`)

向かい風はしんどいけど、基本気持ちよかったです♪

 

 

 

さて、今日はニュースに注目です。

 

昨日、夫と晩御飯を食べている時に、夫が

「ニュースでさ、人口が減るっていうのあるじゃん?

65歳以上が4割くらいになるっていうの・・・」

 

いつもはこんな知的な会話はあんまりしないのですが、笑

確かに昨日の新聞の一面はそれでした。

 

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所が10日に発表した

「2065年の人口は8808万人。65歳以上は38%」という記事です。

 

 

昨日の夫婦の会話は

 

「平均寿命も伸びるし、生産年齢人口(15~64歳)も減るし、

定年は65歳より長くなるだろうし、

70歳とか80歳になっても、自分で稼ぐ力つけとかなくちゃいけないよね」

 

という話で盛り上がりました。

 

私も今は一応教員。夫も教員ではない公務員。30歳。

2065年には私たち78歳。高齢者。

 

仮にこの時代に定年70歳になったとしていて、残り15年以上何して生きるのか。

 

 

定年後すぐは再任用という手があるとは思います。でも、できても数年。

そして、最後の5年くらいは体も自由が効かないでしょう。

 

 

だから、そういう意味でも、私はこうやってネットビジネスを始めてよかったのかなぁと思います。

年とっても頭働けばできるし。ネットの世界はこれからも加速するから。

 

夫もそんな影響を受けて、少しだけどプログラミングの勉強をしています。

 

 

教員を続けていると、その仕事だけで忙しいし、

他のスキルってなかなか身につかない。

 

だから、最近本当に再任用の先生が多い。

いい先生ならいいんだけど、年金までの繋ぎみたいな人もいるのは事実。

 

それなら、動ける若い先生どんどん採用して

育てていった方が世の中のためだと思います。

 

 

しかも、公務員は副業禁止だし、

あれしたいなぁと思ってもなかなかできない。

 

自分は教員だけの人生じゃなくて、他にもやってみたいことはあるし、

いろんなことに挑戦できる人生にしたい。

 

いろんな経験した方が絶対成長できるし、

定年後も生き生きとして過ごせると思う。

 

教員の世界に耐えられなかった泣き言かもしれないけど、

今は本当にそう思う。

 

 

もちろん、定年まで一つの仕事を続けられる人はすごいなぁと思います。

 

 

 

 

・・・はい、なんか毒も結構吐いちゃいましたね。すみません。

 

 

てな感じで、昨日の夫婦の会話は将来を考えた中身の濃いものができました。

堅苦しいかもしれないけど、私たちの最近トレンドのテーマなので、

二人とも熱かったです。笑

 

 

はじめはボランティアでもいいから、自分のスキル身につけられるといいねって

話もできました。

 

 

私も運動指導を、口コミで少し広めてもらってボランティアでやってみようと考え中。

教員やめたら、体育の家庭教師をすぐにスタートきれるように。

 

 

 

それでは、今日はこの辺で♪( ´θ`)ノ

 

 

 

 

ネットビジネスにすこーし興味のあるけどビビっている人、

私の無料メールマガジンから始めてみませんか?^^

 

www.miho1ara.com