読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教員という職業を考え、自由な人生を考える。

パニック障害を患って休職した教員が、今までの人生を振り返り、そしてこれからの人生を考えるブログ。自由な人生とは何か。幸せとは何か。

旅先で思わぬパニック

こんにちは、みほです♪( ´▽`)

 

旅も順調に進み、無事終えることができました。

いろんなことがあったので、少しずつ遡りながら

今日から書いていきますね^ ^

 

 

さて、今日はこの旅で起こったパニック発作について書こうと思います。

 

「え?!大丈夫だったの!?」と

心配してくださった方、ありがとうございます。笑

 

パニック発作は最近すごいのはないから、

ひとり旅も大丈夫かなーと思って、

今回旅に出たわけです。

 

でも、若干、パニック障害になって、

一人のこんな長旅は初めてなので、

少し緊張はしていたのは事実です。

 

で、気をつけようと思っていたのは

電車とか寝るときとかって自分で思っていたわけです。

 

そしたら、全く予期せぬところで

最近の中では重めの発作が出てしまいました。

 

 

 

それは「水風呂」です。

 

 

 

私の発作は順序があって、

 

違和感

呼吸少し乱れる

手足が冷たくなる

脳に血が上ったようになる

パニック

過呼吸

 

という感じ。

 

 

普通の熱いお風呂に入ってて、熱くなったので、

水風呂に足だけ浸かっていたら、

地元のおばちゃんが

 

「ざぶんと入っちゃえば大丈夫よ♩」

 

と話しかけてきてくれました。

 

肩まで入る気は無かったんですが、

水風呂に入ると上がった後、汗が出にくくなるなど

せっかく説明してもらったので、

勧められるまま入りました。

 

確かに気持ちよかったです。

 

しかし、あまり水風呂に入る習慣がなかったので、

体がびっくりしたんでしょうね、緊張したんでしょうね。

 

しばらく浸かっていると、視界が揺れてきて違和感を感じました。

手足は水風呂に入っているので冷たいです。

 

嫌な予感がしたので、熱い風呂に戻りました。

 

若干パニックになり、

頭に血が昇るような感覚になりました。

 

「知らない土地だし、裸で助けを求めるのもカッコ悪い」

「落ち着けー、落ち着けー、大丈夫・・・」

と言い聞かせ、笑

なんとか大丈夫でした。

 

過呼吸までいかなくてよかったー。

 

そして、一つ自分を乗り越える経験になりましたとさ♩

 

 

 

初めてのことをするときは緊張するけど、

その後、今まで見れなかった世界が広がっていたり、

こうやって乗り越えられたりして自信がついたりする。

 

 

すっごい前向きだけど、

パニック障害と戦って、

自分が成長できている感じがすごくする。笑

 

 

ありがとうパニック。

 

 

病気にまで感謝できるようになった自分を褒めてあげたいです。笑

 

 

はい。

今日は以上です。

また旅の後半戦の話や得たものを書いていきますね♪( ´▽`)

 

それでは、みなさまも良い1日を~!

 

 

 

みほとはこんな人 

www.miho1ara.com